お知らせ
東日本大震災発生に伴い『 設計監理費の割引、一部 義援金について 』 を
平成29年度まで 再延長させて頂いています。
詳しくは、2016年3月29日のブログをご参照下さい♪
URL:http://kawaguchiyukio.seesaa.net/article/435865045.html#comment

2012年02月16日

東海市役所のモニュメント 『 鉄とラン 』

DSCN3029C.JPG

DSCN3203C.JPG

 写真 : 東海大田土地区画整理事業完成記念モニュメント  『 鉄とラン 』
     ( 愛知県 東海市 2012 January )
     [ カメラデータ (コンデジ) : Nikon COOLPIX P100 ]


東海市役所前にあるモニュメントは、コールテン鋼 (耐候性鋼) が使用されています。
コールテン鋼という鋼材は、表面できる錆 [保護性錆(安定錆)] が保護膜となって、
内部まで腐食しない特性のある鋼材です。
私ごとですが、以前 設計させて頂きました住宅の 『 丸屋町( 弐・伍)の家 』 で
すだれ(御簾)をデザインした北側正面の門型部分にコールテン鋼を採用しています。

因みにその写真は
http://se-kawaguchi.com/works1/index2.html 
http://se-kawaguchi.com/works1/index2_2.html
http://se-kawaguchi.com/works1/index2_3.html
です!

■ 東海大田土地区画整理事業完成記念モニュメント 『 鉄とラン 』
  このモニュメントは、東海大田土地区画整理事業の完成を記念し、テーマとして
  市が第3次総合計画のもとにかかげる、 『 活力・ぬくもり・そしてロマンあふれるまちづくり 』 を
  基本にして、東海市の基幹産業である鉄と洋ランをそのデザインの中にとりいれています。
  正面より左側は、活力・ぬくもり・ロマンのテーマを3本のコールテン鋼の柱で構成し、
  右側は洋ランをシルエットで表し、その2が支えあって21世紀の空に向けて構成する
  門としています。
  
  高さ:1988cm(公園床面より)
  構造
  鉄部 : 鉄骨造
       コールテン鋼 及び、ステンレスパネル仕上
  造形部 : 鉄骨、鉄筋コンクリート造
        ステンレス及び、セラミックタイル仕上  

モニュメントプレートより
  



posted by yukio at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海市の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。