お知らせ
東日本大震災発生に伴い『 設計監理費の割引、一部 義援金について 』 を
平成29年度まで 再延長させて頂いています。
詳しくは、2016年3月29日のブログをご参照下さい♪
URL:http://kawaguchiyukio.seesaa.net/article/435865045.html#comment

2013年01月06日

2013 三明寺 [ 本堂 ] 

IMG_3211C.JPG

IMG_3210C.JPG

写真 : 龍雲山 妙音閣 三明禅寺 [ 本堂 ]  【 愛知県指定文化財 】
     ( 愛知県豊川市 平成25年1月4日 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS 60D ・TS-E 24 /3.5 L ]


正徳二年(1712)に再建された桁行(けたゆき)五間・梁行(はりゆき)五間の
本瓦葺きの本堂です。 堂内の天井は格天井(ごうてんじょう)で極彩色画が描かれ、
彫刻ともに大らかで元禄・正徳年間頃の特徴をよく表しています。
この本堂再建に際しては、豊川村の有力者であった中田(小笠原)四郎右衛門義忠親子が
近隣の四十八か村から数千人に及ぶ人足の協力を得て工事を進めたという古文書も残って
います。
建築にあたった大工は、牛久保村の岡田善三郎成房ですが、地元大工の優れた技量と知恵が
うかがえ、近世の東三河の地方的な特色を備えた仏堂といえます。

豊川市教育委員会の案内板より



■ 三明寺 本堂
  所在地 : 豊川市豊川町波通37
  所有者 : 三明寺
  時代 : 正徳二年(1712)
  屋根構造形式 : 寄棟造、本瓦葺
  規模 :桁行5間、梁行5間
  大工 : 岡田善三郎成房( 牛久保村)

 文化財 登録 
  分類 : 愛知県指定文化財 
  種別 : 建造物
  指定年 : 平成4年(1992)2月28日



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]






posted by yukio at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊川市の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。