お知らせ
東日本大震災発生に伴い『 設計監理費の割引、一部 義援金について 』 を
平成29年度まで 再延長させて頂いています。
詳しくは、2016年3月29日のブログをご参照下さい♪
URL:http://kawaguchiyukio.seesaa.net/article/435865045.html#comment

2016年04月23日

2番目に古いといわれる日本三大桜でもある根尾谷 淡墨桜を愛でに♪  No.1

IMG_9859C.jpg

IMG_9864C.jpg

IMG_9926C.jpg

 写真 : 樽見鉄道 沿線の風景  ( 岐阜県 大垣市、瑞穂市あたり 2016/04/02 )
    [ カメラデータ : デジタル一眼レフカメラ ≪ CANON ≫ ]
    ※ 写真は、ノー・トリミング縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。
 


4月2日(土)、念願の淡墨桜 ( うすずみざくら ) を愛でに行ってまいりました。

淡墨桜は、山梨県 北杜市 武川町 ( ほくとし むかわちょう ) にある実相寺 ( じっそうじ ) 境内の

神代桜 ( じんだいざくら ) に次いで、日本の桜では2番目に古い樹齢1500年以上といわれる

桜の名木で、岐阜県 本巣市 ( もとすし ) にあります。

JR大垣駅からローカル線の樽見鉄道 ( たるみてつどう ) に乗り換えて、

終着駅の樽見駅に向かいます。

淡墨桜は初めてなのですが、樽見は訪れたことがあり、樽見鉄道も何度か利用したことがあります。

樽見鉄道はICカード乗車券の利用できないので、大垣駅のホームで乗車券を購入し、

一両編成ワンマンレールバス ( 鉄道といっていますが、ワンマンレールバスなのです。) に乗り込みます。

で、ビックリ!! 満席です。

なので、取り敢えず一番後ろの立っていると、次々お客さんが乗ってこられます。

結局 ぎゅうぎゅうの満員で、進行方向とは逆の後ろ向きに立つことになりました。(苦笑)

でも、そのお蔭で 後ろ向きに通り過ぎる風景を見られ、

ちょっと恥ずかしい気持ちもありましたが、その風景をゆらゆら揺られながら撮ることができました。(笑)



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]





posted by yukio at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。