お知らせ
東日本大震災発生に伴い『 設計監理費の割引、一部 義援金について 』 を
平成29年度まで 再延長させて頂いています。
詳しくは、2016年3月29日のブログをご参照下さい♪
URL:http://kawaguchiyukio.seesaa.net/article/435865045.html#comment

2017年12月13日

昨年秋の奈良 撮影旅 No.19 [ 興福寺の夜景 ]

IMG_5705C.jpg

 写真 : 興福寺の夜景 ≪ 法相宗 大本山 興福寺 ≫ [ 南円堂 ] 
     ( 2016. November 奈良県 奈良市 )
     [ 南円堂 : 重要文化財 : 1986 ( 昭和61 ).12.20 ]
     [ 興福寺 : 世界遺産 ( 古都奈良の文化財の一部 ) : 1998 ( 平成10 ) ]
     [ カメラデータ : デジタル一眼レフカメラ ≪ CANON ≫ ]
     ※ 写真は、ノー・トリミング縮小、copyright表示以外の加工は、一切行っておりません。



藤原内麻呂 ( ふじわらのうちまろ ) の冥福を願い、子の藤原冬嗣 ( ふじわらのふゆつぐ ) が建立した八角円堂。
基壇築造 ( きだんちくぞう ) では、地鎮のために 銭貨の和同開珎 ( わどうかいちん、わどうかいほう ) や
隆平永宝 ( りゅうへいえいほう ) を撒きながら版築 ( はんちく ) されたことが判明しています。


 ■ 興福寺 南円堂 ( こうふくじ なんえんどう )
   建立 : 813年 ( 弘仁4年 )
   焼失 : 1046年 ( 永承元年 )、1180年 ( 治承4年 )、1327年 ( 嘉暦2年 )、1717年 ( 享保2年 )
   建築年代 ( 現建物 ) : 1741年 ( 寛保元年 )
   構造形式 : 正面拝所附属 八角円堂
   八角 一辺長さ : 約6.4m
   対面径 長さ : 約15.5m
   屋根の種類 ( 葺材分類による ) : 瓦葺 [ 本瓦葺 ]
   修理等
     半解体修理 : 1992年 ( 平成4年 )〜1997年 ( 平成9年 )
   安置仏
     堂内本尊:木造不空羂索観音坐像 ( もくぞうふくうけんさくかんのんぼさつざぞう ) [ 国宝 ]
     木造四天王立像 ( もくぞうしてんのうりゅうぞう ) [ 国宝 ]
   備考 : 西国三十三所観音霊場 第九番札所




[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]


posted by yukio at 19:29 | Comment(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。