お知らせ
東日本大震災発生に伴い『 設計監理費の割引、一部 義援金について 』 を
平成29年度まで 再延長させて頂いています。
詳しくは、2016年3月29日のブログをご参照下さい♪
URL:http://kawaguchiyukio.seesaa.net/article/435865045.html#comment

2015年02月20日

2015 伊勢神宮 [ 皇大神宮( 内宮 ) No.4 ]

IMG_8731C.jpg

IMG_8754C.jpg

IMG_8763C.jpg

 写真 : 参道の巨樹、籾種石  [ 皇大神宮( 内宮 ) ] ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


畏れ多くも大御神のお住まいを撮らせていただいていますが、
ここ伊勢神宮は広大で豊かな自然であふれた中にあります。

宮域林と呼ばれる広大な神宮の森は、ほぼ全域が立ち入り禁止となっており、
貴重な動植物の生息地となっているそうです。

私たち参拝者が歩く参道にも針葉樹の巨樹が無数あり、
苔に覆われた樹皮を眺めていると とても神秘的で時間の流れを感じます。

また、ご正宮参拝を終えた参道の籾種石 ( もみだねいし ) と呼ばれる巨大な岩は、
江戸時代の天明年間に五十鈴川から運んだとされるもので、
あらためて信仰心も絶大であると あらためて感じます。



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]


posted by yukio at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

2015 伊勢神宮 [ 皇大神宮( 内宮 ) No.3 ]

IMG_8711C.jpg

IMG_8713C.jpg

 写真 : ご正殿、外玉垣 南御門  [ 皇大神宮( 内宮 ) ] ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


豊受大神宮 ( 外宮 ) 同様に皇大神宮( 内宮 )のご正殿の方も
撮影してもいい場所からですが望遠系のレンズで撮ってみました。

写真では千木 ( ちぎ ) の先端が写っていませんが、
女神であるため水平の内削 ( うちそぎ ) になっています。

因みに、男神である豊受大神宮 ( 外宮 )の千木の先端は
垂直に切られた外削 ( そとそぎ ) です。



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]


posted by yukio at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

2015 伊勢神宮 [ 皇大神宮( 内宮 ) No.2 ]

IMG_7643C.jpg

IMG_8807C.jpg

IMG_7615C.jpg

IMG_7611C.jpg

 写真 : 神楽殿、御饌殿、神符授与所  [ 皇大神宮( 内宮 )境内 ]  ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS 60D ・TS-E 24 /3.5 L ]
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


内宮の神楽殿は神楽殿、御饌殿(みけでん)、神符授与所(しんぷじゅよしょ)から構成され、
御饌殿は木造ですが、神符授与所は木造 一部RC造、神楽殿は鉄骨造となっています。

1987年 完成の神楽殿は、伝統的な建築様式から 木造としか感じられない
素晴らしい意匠の建築物です。
因みに 設計は昭和を代表する建築家の一人 大江宏 先生です。



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]


posted by yukio at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

2015 伊勢神宮 [ 皇大神宮( 内宮 ) No.1 ]

IMG_8612C.jpg

IMG_8624C.jpg

IMG_8634C.jpg

IMG_8658C.jpg

IMG_8677C.jpg

 写真 : 宇治橋前の鳥居、五十鈴川、神苑の松、行在所(あんざいしょ)・斎館(さいかん)、 内宮の宮域
     [ 皇大神宮( 内宮 ) 境内 ]  ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


皆さんご承知の通り、地球上には多くのパワースポットが存在していますが、
この伊勢神宮は日本の究極的なパワースポットです。

ですから1月下旬の平日にもかかわらず、国内外から本当に多くの参拝客が訪れ
賑わっていました。
カメラを構えてみると どうしても参拝客の方が入ってしまいますが、
なるべく入らないように・・・と撮っています。(笑)
なので、鳥居の柱脚もちょん切っちゃっています。(苦笑)


[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]



posted by yukio at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

2015 猿田彦神社 

IMG_8588C.jpg

IMG_8596C.jpg

 写真 : 猿田彦神社 本殿、吊り灯籠 ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


『 みちひらき 』 の神様として知られている猿田彦神社ですが、
個人的には 『 建築・方位の神様 』 でもあるので伊勢神宮 参拝の折は、
必ず参拝させて頂く神社です。
外宮から内宮に向かう途中に位置しているので好都合ですし・・・

本殿は 『 さだひこ造り 』 と呼ばれる独特の建築様式で
猿田彦大神と子孫の大田命が祀られています。




[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]



posted by yukio at 20:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

2015 伊勢神宮 [ 豊受大神宮 ( 外宮 ) No.3 ]

IMG_8525C.jpg

IMG_8514C.jpg

IMG_8549C.jpg

IMG_8569C.jpg

 写真 : 風宮のご造営の様子、アオキ、火除橋の擬宝珠 [ 豊受大神宮 ( 外宮 ) 境内 ] 
     ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


豊受大神宮 ( 外宮 )の正宮に参拝後、土宮(つちのみや)、風宮(かぜのみや)、
多賀宮(たかのみや)の別宮に参拝させて頂きました。

風宮は現在 ご造営が進められ、多賀宮へ向かう石段を登る途中でご造営の様子がうかがえ、
高い所から失礼なんでしょうが 貴重な光景なので撮らせて頂きました。

写真は、風宮のご造営の様子、棟(屋根)部分の鰹木(かつおぎ)、赤い実をつけたアオキ、
火除橋の擬宝珠(ぎぼし)です。



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]



posted by yukio at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

2015 伊勢神宮 [ 豊受大神宮 ( 外宮 ) No.2 ]

IMG_8495C.jpg

IMG_8508C.jpg

IMG_8492C.jpg

 写真 : 外玉垣 南御門、ご正殿 [ 豊受大神宮 ( 外宮 ) 御垣内 ] 
     ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。



撮影してもいい位置から望遠系のレンズで、豊受大神宮 ( 外宮 )の御垣内を撮ってみます。

平成25年秋に第62回 式年遷宮が行われた 輝くご正殿は、

何とも神々しい姿で 且つ、神秘的な空間です。

日ごろの感謝の気持ちを込めて 参拝させて頂きました。♪



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]


posted by yukio at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

2015 伊勢神宮 [ 豊受大神宮 ( 外宮 ) No.1 ]

IMG_8454C.jpg

IMG_8465C.jpg

IMG_8484C.jpg

 写真 : 手水舎、第一鳥居の榊、神楽殿 [ 豊受大神宮 ( 外宮 ) 境内 ] 
     ( 2015.1.28 三重県 伊勢市 )
     [ カメラデータ (デジ一) : CANON EOS KISS X4 ・EF 55-200mm F4.5-5.6 II USM ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。


今年は新年早々に叔母の葬儀やその後の処理など、
仕事以外で 何やかんや バタバタしています。 (苦笑)
で、お正月にと年末に購入していた 1月31日迄 有効の近鉄電車
新春全線フリーパス(3日間全線フリー)も払い戻す予定でいましたが、
1月末に無理やり?2日間 時間をつくり、28日には伊勢、30日に室生寺へ行って来ました。

28日の伊勢は、外宮、猿田彦神社、内宮と参拝させて頂きましたので
まずは 外宮からご紹介させて頂きま〜す。♪



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]




posted by yukio at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

ホテルの窓から

DSCN0604C.jpg

DSCN0629C.jpg

DSCN0650C.jpg

DSCN0661C.jpg

 写真 :三田駅のホテルからの眺め ( 東京都 港区  2014/11/06、07 )
     [ カメラデータ (コンデジ) : Nikon COOLPIX P100 ]
     ※ 写真は、縮小、copyright表示以外の加工、画像調整は一切行っておりません。



先週、弔事で東京へ行ってきました。

10年以上ぶりの東京なので、一応コンデジは持参しましたが、

撮る気にはならず 殆ど撮ってませ〜〜ん。

唯一、泊まった三田駅前のホテルの部屋から数枚・・・

三脚は持参していないので、ブレブレ写真で〜す。  m(¬o¬)mゴメンネ



[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]




posted by yukio at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

樽見へ 2

DSCN5214C.JPG

DSCN5218C.JPG

DSCN5223C.JPG

 写真 : 樽見鉄道からの風景  ( 岐阜県 本巣市 2012/4/28 )
     [ カメラデータ (コンデジ) : Nikon COOLPIX P100 ]



帰りも樽見鉄道に揺られ、

童心に返ったように車窓の風景を楽しみながら

JR大垣駅へ・・・


途中、車窓から 太平洋と日本海の分水嶺となっている

標高1617mの能郷白山 ( のうごうはくさん ) が、

顔を覗かせてくれます!





posted by yukio at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

樽見へ 1

DSCN5187C.JPG

DSCN5212C.JPG

 写真 : 樽見の風景  ( 岐阜県 本巣市 2012/4/28 )
     [ カメラデータ (コンデジ) : Nikon COOLPIX P100 ]


仏事の用事で、岐阜県本巣市 ( 旧・本巣郡根尾村 ) の樽見へ
4月28日に行ってきました。
樹齢約1500年と言われる 日本を代表する桜の古木で
国の天然記念物 『 薄墨桜(うすずみざくら) 』 が有名です。

残念ながら一週間ほど前に桜の花は散った との事だったので、
薄墨桜のある薄墨公園には寄らなかったのですが、
澄み切った川の流れや緑いっぱいのおいしい空気など
豊かな自然を身体いっぱい感じることができました。 
( * ^ o ^ * ) V




posted by yukio at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

岐阜シティ・タワー43、織田信長像


岐阜シティ・タワー43



























 写真 : 『 岐阜シティ・タワー43 』 、『 織田信長像 』 
                  ( 岐阜県岐阜市 2010. September  [ コンデジ ] )


黄金の 『 織田信長像 』 の後ろに写っている高層ビルは、住居や商業等の複合ビル
『 岐阜シティ・タワー43 』 で、岐阜駅再開発の市街地再開発事業によって建設されました。
タワー外壁は、 『 岐阜提灯 』 のデザインが採り入れられ、各所に1300年もの伝統を誇る
鵜飼の 『 鵜飼舟 』 のデザインがあしらわれているとのことです。


岐阜シティ・タワー43 ( Gifu City Tower 43 )
所在地  : 岐阜県岐阜市橋本町2丁目52番地
主要用途 : 共同住宅、商業施設、福祉・医療施設、テレビスタジオ、駐車場、
階  数 : 地下1階、地上43階、塔屋2階
高  さ : 162.82m
構  造 : 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積 : 5,412.12 u
建築面積 : 4,623.17 u
延床面積 : 57,576.36 u 
事業主体 : 岐阜駅西地区市街地再開発組合
設  計 : 森ビル都市企画株式会社一級建築士事務所・株式会社 竹中工務店名古屋
       一級建築士事務所 共同企業体
工事監理 : 岐阜県建築設計監理協同組合
施  工 : 株式会社 竹中工務店名古屋支店
工  期 : 平成17年1月〜19年8月
岐阜シティ・タワー43 : http://www.gifucity-tower43.jp/


posted by yukio at 09:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

織田信長像 2


2織田信長像



























 写真 : JR岐阜駅前 『 織田信長像 』 ( 岐阜県岐阜市 2010. September  [ コンデジ ] )


かつては 『 井の口 』 と呼ばれていた地名を 『 岐阜 』 と改め天下統一の本拠地とした
織田信長の像を JR岐阜駅前広場に岐阜市制120周年を記念して昨年 建てられました。
( 除幕式 : 平成21年9月26日 )

マントを羽織り、右手に種子島(火縄銃)、左手に南蛮兜(かぶと)を持った織田信長像は、
彫刻家 田畑功 氏 による金箔の銅像で、像は高さ約3m、台座を含めると11mの大きさです。

因みに、もちろん銅像は傾いていませんよ!(笑)
失敗作(写真)で申し訳ないです。

posted by yukio at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

織田信長像 1


1織田信長像



























 写真 : JR岐阜駅前 『 織田信長像 』 ( 岐阜県岐阜市 2010. September  [ コンデジ ] )



先月、岐阜県に土地を見に行く用事がありましたので、

JR岐阜駅前に建つ黄金の 『 織田信長像 』 を撮ってみました。

破天荒な信長だからなのか、金ピカでインパクトがあります。

posted by yukio at 22:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

『 伊勢神宮 内宮 神楽殿 』 の屋根 上部


神楽殿(伊勢神宮 内宮)


















 写真 : 神楽殿(かぐらでん) [ 神符授与所(しんぷじゅよしょ) ]  
                【 皇大神宮 ( 内宮 ) 境内 】( 三重県 伊勢市 2010. January )



いつもの事ですけど ( 笑 ) 写真だけにさせて頂きます。

皇大神宮 ( 内宮 ) 神楽殿の入母屋屋根は、なめらかな美しい曲線ですが、

実は鉄骨トラスの小屋組で構成されています。

設計者:大江宏 先生のマジックといえるのではないでしょうか。

写真は、入母屋屋根 上部の鬼瓦、破風飾り金具、懸魚(げぎょ)部分です。

尚、神楽殿の概要は、2009年01月24日付けの当ブログ
http://blogs.dion.ne.jp/kawaguchi/archives/8031065.html#comments
に記載しています。


posted by yukio at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

『 宇治橋2 』


宇治橋2

















 写真 : 『 宇治橋 』 【 皇大神宮( 内宮 ) 境内 】 ( 三重県 伊勢市 2010. January )



『 宇治橋 』は皇大神宮(こうたいじんぐう)(通称:内宮)境内を流れる
清流 五十鈴川(いすずがわ)に架けられた全長101.8m、巾8.421mの純日本風反り橋で、
橋脚の部分は欅(けやき)を使用していますが その他は檜(ひのき)で作られた
国内最大規模とされる木造橋です。

この『 宇治橋 』を渡ると神苑(通称:神域)とされるので、一般には
『 俗界と聖界の境にある橋 』 といわれています。
昨年末には、20年に1度の架け替えが完成しました。

posted by yukio at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

『 宇治橋 』


宇治橋1



























 写真 : 『 宇治橋 』 【 皇大神宮( 内宮 ) 境内 】 ( 三重県 伊勢市 2010. January )




我が家の 『 日めくり 』 に ふと目をやると 

『 伊勢神宮 祈年祭 』 とありました。

そんな安易な理由から、

今日は1月に撮った 『 宇治橋 』 の写真にさせて頂きます。



因みに、『 祈年祭 』 とは、正しくは 『 としごいのまつり 』 といって、

春の耕作時期を前にして五穀豊穣を通して、

わが国の平和と国民の繁栄をお祈りするお祭りで、

『 伊勢神宮 祈年祭 』 は、2月17日〜2月23日まで行なわれるとの事です。



posted by yukio at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

Blogのカテゴリー 変更


高桐院


















 写真 : 大徳寺 塔頭寺院 高桐院 (2005年 京都)
            

このブログ LOVELOGの設定で、Blogのカテゴリー を 『 くらし 』 から 『 写真 』 に
変更してみました。

ど素人の下手な写真なので 大変 気が引けますが、毎回 写真を掲載している事から、
設定をそちらにしました。

場違いかもしれませんが、宜しくお願いします。


写真は、昨日に続き、古いスマートメディアに記録してあった2005年7月のもので、
大徳寺 塔頭寺院 高桐院の定番の撮影ポイント 『 参道 』 です。
写真はありきたですが、キラキラ輝く『 緑の宝石(参道) 』 は本当に素晴らしいの一言!


■大徳寺 塔頭寺院 高桐院(こうとういん)
宗派:臨済宗 大徳寺派 北派
所在地:〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町73-1
本尊:釈迦如来
開祖:大悲通禅師 玉甫紹 □ ( ぎょくほ じょうそう)
創建:慶長6年(1601年)
開基:細川忠興(三斎)

☆墓地には、忠興(三斎)とその妻 ガラシャ(明智光秀の娘)の墓があります。


注)玉甫紹 □ の □ (そう)がどうしてもLOVELOGでは構築できません。
  王 偏に宗という漢字です。
posted by yukio at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

耐震診断用カメラ


1龍源院




















2龍源院




















3龍源院



















 写真 : 大徳寺 塔頭寺院 龍源院 (2005年 京都)
                         ・『 東滴壷 』 (上)
                         ・方丈前庭 『 一枝坦 』 (中、下)



先日、立ち寄ったリサイクル店で(used)デジタルカメラ オリンパス CAMEDIA C−700UZ
(有効画素数:202万画素、光学10倍ズーム)が\1,575-だったので木造耐震診断 専用に
購入しました。

オリンパス CAMEDIA  C-2000ZOOM(有効画素数:202万画素、光学3倍ズーム)が
今迄 木造耐震診断のメインでしたが、これでサブに降格です。

本来は、床下や天井裏など かなりハードに使用する木造耐震診断には、
耐衝撃性などに優れた現場用(工事用)カメラなのでしょうが、大変高価なので
私は価格(used)。電源に乾電池が使用できる。撮影モードでP、A(Av)、S(Tv)機能がある
一般的なデジタルカメラを選んで心置きなく使っています。

有効画素数は、木造耐震診断では一般的な写真のプリントサイズ:L版(89×127mm)程度の
使用なので有効画素数が200万画素以上あれば大丈夫だと思います。

ただ、今回購入したカメラの記録媒体もC-2000ZOOM同様スマートメディアだという事と
ボディーがやや大きいのが珠にきず。
取り敢えず机を探したら、古いスマートメディアが出てきましたので、
それを使用したいと思います。

写真は、出てきたスマートメディアに記録してあった2005年に京都へ行った時の写真です。
大変古い写真で御免なさいね!



■大徳寺【臨済宗 大徳寺派 大本山】
寺院名 山号:龍寶山(りゅうほうざん) 寺名:大徳寺(だいとくじ)
宗派:臨済宗 大徳寺派
所在地:〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町53
本尊:釈迦如来
開祖:大燈国師 宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)
開創:嘉暦元年(1326年)

☆大徳寺は一休宗純や澤庵宗彭など歴代多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く 
 村田珠光、武野紹鴎、千利休など日本の文化に多大な影響を与え続けました。
 本坊、塔頭寺院には、建造物、庭園、障壁画、茶道具、書画など、
 多くの文化財を伝えている寺院です。


■大徳寺 塔頭寺院 龍源院(りょうげんいん)
宗派:臨済宗 大徳寺派 南派(本庵)
所在地:〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町82-1
本尊:釈迦如来
開祖:仏慧大円禅師 東渓宗牧(とうけいそうぼく)
創建:文亀2年(1502年)
檀越:能登の畠山義元・豊後の大友義親・周防の大内義興

☆東滴壷(とうてきこ)は昭和35年(1960)作庭で、我が国では最小の石庭。
☆一枝坦(いっしたん)の庭は、蓬莱山形式の枯山水庭園で、白砂の大海原に苔と石組で作った
 亀島、蓬莱山、鶴島を配しています。

posted by yukio at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

『 宇治橋 』 皇大神宮 ( 内宮 ) 5 【 伊勢神宮 】


宇治橋


















 写真 : 『 宇治橋 』 【 皇大神宮( 内宮 ) 境内 】 ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


現在の宇治橋は平成元年に架けられたもので、明日の2月2日の
『 宇治橋万度麻奉下式 (うじばしまんどぬさほうげしき) 』 が執り行われて、
20年間のお役目を完了されます。

よって、現在の宇治橋は、本日 2月1日(日)17:30 ( 参拝停止時間 ) を以って
渡れなくなるそうです。

20年間のお役目を感謝すると共に、
架け替え工事に際して、工事の安全をお祈りします。


posted by yukio at 10:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

銘菓 『 関の戸 』


関の戸1



















関の戸2

















 写真 : 深川屋 ( ふかわや )さんの 『 関の戸( せきのと ) 』  ( 2009.January )


毎年、伊勢に来ると宇治山田駅の土産物売り場で 『 赤福 』 を買っていましたが、
今回は 『 関の戸 』 を買って帰りました。

三重県の和菓子では、『 赤福 』 、 『 関の戸 』 、 『 なが餅 』 が
好きで ( 主にその3つしか知りません )、伊勢の和菓子ではありませんが、
お土産を 『 関の戸 』 にしました。

東海道の宿場町であった関宿 ( 三重県亀山市 ) で創業以来350年以上の
老舗和菓子店 深川屋さんの 『 関の戸 』 は、赤小豆のこし餡を
白い求肥(ぎゅうひ)で包み、その上に阿波の和三盆糖をまぶした餅菓子で、
古くは御室御所 (おむろごしょ) の御用達から 現 皇室にも愛され続けている
歴史ある銘菓です。

いずれにせよ、美味しい 『 関の戸 』 が、庶民でも買える時代でよかったです!
( 8個入り 500円 、 15個入り 850円 、 20個入り 1,150円 )

posted by yukio at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

宇治山田駅 [ 伊勢神宮 ]


宇治山田賊

















 写真 : 宇治山田駅 外観  【 近畿日本鉄道 株式会社 】  ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


1931( 昭和6 )年に参宮急行電鉄( 現在の近鉄 )の終着駅として造られた宇治山田駅。
幅120mの堂々とした駅舎は、鉄筋コンクリート造3階建て、西南端に5階建ての塔屋が
あります。

この宇治山田駅は、伊勢神宮への玄関口となり、天皇陛下はじめ皇族の方々など
貴賓客や正月恒例の総理大臣の参拝に利用もされる駅で、
設計は千葉県立佐倉高等学校記念館(元本館)、南海ビルディング(南海難波駅・高島屋
大阪店)、旧蒲郡ホテル(現在:蒲郡プリンスホテル)などを設計した大阪府出身の建築家
久野節 [ ( くの みさお )、1882年(明治15)― 1962年(昭和37) ]によるものです。

1993(平成5)年に、建築当初の形を保った全面改装が施され、
2001(平成13)年には、国の登録有形文化財に登録されました。
昭和初期の名建築 [ 駅舎 ] です。

posted by yukio at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

皇大神宮 ( 内宮 ) 4 【 伊勢神宮 】


御 神鶏

















  写真 : 日本鶏 『 御 神鶏( ご しんけい ) 』   【 皇大神宮( 内宮 ) 境内 】 
                              ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


天照大神(あまてらすおおみかみ)が 天の岩屋に隠れてしまわれ、天地が暗闇になって
しまった折、鶏を鳴かせ 夜明けを告げさせました。
この神話から 鶏を 神の使い 『 御 神鶏 』 と尊重し、神前に造られた止まり木を
鳥居としたそうです。


posted by yukio at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

皇大神宮 ( 内宮 )3 【 伊勢神宮 】


皇大神宮

















 写真 : 板垣南御門 と 外玉垣 南御門 ( 石段下から )  【 皇大神宮( 内宮 ) 境内 】 
                                    ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


所在地 :三重県伊勢市五十鈴川上
主祭神 :天照坐皇大御神( あまてらしますすめおおみかみ )
創建 : 第11代 垂仁天皇26年 [ 紀元前4年 ]
本殿の建築様式 : 唯一神明造 ( ゆいいつしんめいづくり )


4重の御垣に囲まれた一番奥にあるご正殿に、天照坐皇大御神がお鎮まりになっています。
唯一神明造である ご正殿(ご本殿)はじめ 付属の殿舎ならびに御垣は、
持統天皇の御代より現在まで、ほぼ1,300年の永きに亘り、
20年に1度、『式年遷宮』の大祭を行って建て替えられてきました。
建て替えすることで、永遠に若々しくあり続けることを願った日本人の文化なのでしょう。

※唯一神明造 については、2009年1月20日の当ブログをご参照下さい。


posted by yukio at 10:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

皇大神宮 ( 内宮 )2 【 伊勢神宮 】


神楽殿1


















神楽殿2

















  写真 : 神楽殿(かぐらでん) [ 神符授与所(しんぷじゅよしょ) ]  
                【 皇大神宮 ( 内宮 ) 境内 】 ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


神楽殿3

















 写真 : 神楽殿 [ 御饌殿(みけでん)、 神楽殿 、休憩所〈ご祈祷待合所〉 ] 
              【 皇大神宮 ( 内宮 ) 境内 】 ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


伊勢神宮内宮神楽殿 
所在地  : 三重県伊勢市宇治館町(みえけん いせし うじたちちょう)
主要用途 : 神社
階   数 : 平家 付属一般棟のみ 地下1階 一部 中2階
建築面積 : 3,316u
延床面積 : 3,420 u
   地階 :   638 u
    1階 : 2,763 u
  中2階 :    18 u
構造     神楽殿 : 鉄骨造
        御饌殿 : 木造(既存修復)
    神符授与所 : 木造 一部 鉄筋コンクリート造
   御門・休憩所 : 木造
    付属一般棟 : 鉄筋コンクリート造
設 計 : 大江宏建築事務所
     設計期間:1976年6月〜1977年3月
施 工 : 株式会社 竹中工務店 名古屋支店
     工事期間:1977年4月〜1978年11月

posted by yukio at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

皇大神宮 ( 内宮 )1 【 伊勢神宮 】


宇治橋鳥居



























 写真 : 宇治橋鳥居(うじばしとりい) 【 皇大神宮 ( 内宮 ) 境内 】 
                       ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


五十鈴川

















 写真 : 宇治橋から見る五十鈴川(いすずがわ)【 皇大神宮 ( 内宮 ) 境内 】
                       ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


1五十鈴川御手洗


















2五十鈴川御手洗


















3五十鈴川御手洗

















 写真 : 五十鈴川御手洗 (いすずがわ みたらし)の風景 【 皇大神宮 ( 内宮 ) 境内 】 
                     ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


皇大神宮(こうたいじんぐう)は、皇室のご祖神の天照大神(あまてらすおおかみ)を
おまつりする、わが国で最も尊いお宮です。
五十鈴川(いすずがわ)の川上に千古の森に囲まれて、
2000年の時を超えて古代のたたずまいを今日に伝えています。
※ 神宮案内図より

posted by yukio at 19:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

猿田彦神社 2


猿田彦神社


















 写真 : 猿田彦神社 本殿  ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


所在地 :三重県伊勢市宇治浦田2-1-10 ( みえけん いせし うじうらた )
【 本殿 】
主祭神 : 《主神》 猿田彦大神(さるたひこおおかみ) 《相殿》 太田命(おおたのみこと)
本殿の様式 : さだひこ造り

本殿は二重破風(にじゅうはふ)の妻入造り(つまいりづくり)で 『 さだひこ造り 』 と称し、
欄干や鳥居には八角形の柱が使用されている特殊な建築様式です。

【 境内社 : 佐瑠女神社(さるめじんじゃ) 】 
祭神 : 天宇受売命(あめのうずめのみこと)


[ 猿田彦大神 、 太田命 ]
天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫である 瓊々杵尊(ににぎのみこと)は、天照大神より
三種の神器を授かって、天宇受売命(あめのうずめのみこと)を従えて 
高天原(たかまのはら)から地上に降臨するよう命ぜられました。
その際、猿田彦大神は、道中の最も険しい場所である天八衢(あめのやちまた)で瓊々杵尊を
お迎えして、日向国(現在の宮崎県)にある高千穂の峰へと導かれたのです。

その後、猿田彦大神は伊勢の五十鈴の川上に来られ、広く国土を開拓指導されました。
鼻が非常に高く、恐ろしい顔つきをしていたとされる猿田彦大神は天狗の原形ともいわれます。

また、大田命(おおたのみこと)は、垂仁天皇(すいにんてんのう)の皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神を祀るのに相応しい地を求めて諸国を巡礼された折、猿田彦の子孫である大田命が倭姫命をお迎えして五十鈴の川上を献上し、神宮創建のはこびとなりました。

そのようなことから、国土を開いた 『 みちひらき 』 の神様とされて、方位除、地祭、土地開発、開業、災除、家 業繁栄、交通安全、病気平癒、開運などに御神徳があるといわれています。


[ 天宇受売命 ]
天宇受売命(あめのうずめのみこと)は、天照大御神が天岩戸(あまのいわと)にお隠れに
なった時、天岩戸から出て下さるよう、神楽舞を踊った巫女の元祖のような神様で、
後に猿田彦大神と結婚されました。
よって、芸能、縁結びの神様として御神徳があるといわれています。


posted by yukio at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

猿田彦神社 1


狛犬1





























狛犬2



























 写真 : 鈴しょうわ狛犬 [ 上 : 阿形(あぎょう)の狛犬、 下 : 吽形(うんぎょう)の狛犬 ]
                      【 猿田彦神社 境内 】 ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )



毎年、豊受大神宮 ( 外宮 )の次にお参りしているのが、
皇大神宮(内宮)に近い、猿田彦神社です。

入り口では、胸をはって喉に鈴をつけている 『 鈴しょうわ狛犬 』 が
睨みを利かせています。

posted by yukio at 09:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

豊受大神宮 ( 外宮 )4 【 伊勢神宮 】


外宮4

















  写真 : 板垣南御門 ( 手前 )と 外玉垣 南御門 ( 奥 ) 【 豊受大神宮 ( 外宮 ) 境内 】 
                                    ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


所在地 : 三重県伊勢市豊川町 ( みえけん いせし とよかわちょう )
主祭神 : 豊受大御神 ( とようけのおおみかみ )
創建 : 雄略 ( ゆうりゃく ) 天皇22年 [ 紀元477年 ]
本殿の様式 : 唯一神明造 ( ゆいいつしんめいづくり )


【 唯一神明造 について 】
唯一神明造は、出雲大社の 『大社造(たいしゃづくり)』、住吉大社の 『住吉造(すみよしづくり)』
の神殿形式とともに、日本最古の建築様式を伝えています。
『大社造』 が正方形に近い宮殿を模したものと考えられ、又、『住吉造』 が大嘗祭の建物に近似しているのですが、神明造は奥行きより幅が大きく、高床式倉庫から発展し穀物の代わりに神宝を納める宮殿形式に変化したと考えられています。

構造は、掘っ立て柱に萱葺(かやぶき)の屋根、切妻造(きりづまづくり)の平入(ひらいり)で、
屋根には破風(はふ)が延びる千木(ちぎ)があり、棟の上には堅魚木(かつおぎ)が並び 
棟の両端を支える棟持柱(むなもちばしら)があります。
円柱の柱や堅魚木を除き、直線的で、必要な覆い金物や飾り金具のほかは 装飾がほとんど
なく、檜(ひのき)の素木造(しらきづくり)です。

皇大神宮(こうたいじんぐう)[内宮]の千木の先端は水平に対し、豊受大神宮[外宮]は垂直に
切られ、御正殿(ごしょうでん)の堅魚木の数は皇大神宮[内宮]が10本、豊受大神宮[外宮]が
9本、その他の殿舎(でんしゃ)は皇大神宮[内宮]が偶数、豊受大神宮[外宮]が奇数となって
います。

御正殿を中心にして配置されている社殿は全て真南に面し、
御正殿は地面から棟までの高さは10mあまり、御床(おんゆか)までは2m50cmです。


写真に写っています切妻造の建築物は、外玉垣 南御門で
御正殿はもっと奥に建っています。

posted by yukio at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

豊受大神宮 ( 外宮 )3 【 伊勢神宮 】


外宮3



























 写真 : 板垣南御門 ( 手前 )と 外玉垣 南御門 ( 奥 ) 【 豊受大神宮 ( 外宮 ) 境内 】 
                                    ( 2009.1.14 三重県 伊勢市 )


豊受大神宮(とようけだいじんぐう)は、天照大神(あまてらすおおかみ)の
食事を司る神の豊受大神(とようけおおかみ)をおまつりしています。
内宮創建から500年後に山田原(やまだはら)に迎えられました。
衣食住をはじめ あらゆる産業の守り神です。
※ 神宮案内図より

posted by yukio at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県外の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする